会社方針

経営理念

会社方針

私たちは、物創りの場で 社訓である 『誠意・創意・熱意』 の意図するところをよく理解し、社会に貢献します。


ごあいさつ

 当社は1980年の創業以来、金属製外壁パネル等の板金加工工場として長年にわたり固有技術を磨いてまいりました。
 最近では、それらの加工技術を活かし、システムキッチン部品のプレス加工をはじめ、通信事業や新エネルギー事業に使用される機器収容函(局舎)の製作等、お客様のニーズに合わせた様々な製品作りに携わっております。また、設計・製造・施工まで “ものづくり” の一貫体制を備えておりますところが当社の特徴でもあります。
 いつの時代でも、お客様に信頼される高品質な製品とサービスを提供するため、社員一丸となり努力を続けます。

北九州住設株式会社
代表取締役 森戸 哲


会社沿革

1980年(昭和55年)
・住宅機器の製造工場として創業開始。資本金500万円
1982年(昭和57年)
・北九州松下電工(現:パナソニック住宅設備北九州)向けクリーンウォール生産開始
1987年(昭和62年)
・増資により、資本金1,000万円
1988年(昭和63年)
・工場建屋増設
1989年(平成 元年)
・北九州松下電工(現:パナソニック住宅設備北九州)資本参加により、資本金2,000万円
1991年(平成 3年)
・第2工場増設
1995年(平成 7年)
・北九州松下電工(現:パナソニック住宅設備北九州)向けクリーンウォール生産中止
・松下電工(現:ケイミュー、パナソニック)向け換気棟板、キッチン不燃パネルの生産開始
1996年(平成 8年)
・タカラスタンダード向け外壁パネル生産開始
・減資により、資本金1,000万円
1998年(平成10年)
・九州セルラー(現:au)向け、移動電話中継基地局舎生産開始
1999年(平成11年)
・増資により、資本金2,000万円
2000年(平成12年)
・タカラスタンダード向けシステムキッチン部材生産開始
2002年(平成14年)
・福岡営業所新設
・建設業の取得
・第3工場増設
2004年(平成16年)
・ターレットパンチプレス機増設
2005年(平成17年)
・第4工場増設
2007年(平成19年)
・ウレタン注入、スプレー装置の導入
2008年(平成20年)
・九州セルラー(現:au)向け、移動電話中継基地局舎生産中止
・サンコーシヤ向け通信関連局舎の生産開始
・相栄電器向け耐雷トランスの生産開始
2010年(平成22年)
・自動プログラミング装置(AP100)の導入
・パナソニックESエンジニアリング向け太陽光発電設備の施工開始
2015年(平成27年)
・サンコーシヤより増資。資本金8,000万円
・サンコーシヤグループ会社となる。
・自動プログラミング装置(AP100)の更新
2016年(平成28年)
・ターレットパンチプレス機の更新
・3D CAD(シートワークス)導入